看護師 過労死問題

毎年10万人の看護師が毎年燃え尽き症候群になっています。

 

患者にとっては白衣の天使の看護師ですが、
彼女たちの背中の羽はぼろぼろ、しかし使命感のために働き続ける・・

 

長時間労働、過酷夜勤が看護師の過労死問題の危険となっています。

 

東日本大震災でも看護師の医療スタッフは大変な役割をにないました。
特に高齢で寝たきりの状態の患者がほとんどの病院でも
看護師2人で40人以上の患者をみることもありました。

 

深夜でもなりやまないコール。
患者に床ずれがおこらないように
2時間おきの体位交換。
トイレの付き添い。

 

しかし、法的には1992年に施行された「看護師確保法」により
3交代で月8日以内の努力義務が規定されています。

 

また、民間病院では患者7人に対して看護師1人という
「7対1」看護配置基準があります。

 

実際の現場はどうなのでしょうか。

 

全国に現在200万人、保健師、助産師、看護師、准看護師の免許をもつ人がいます。
しかし、実際に働いていない看護職は65万人いるといわれています。
30%の免許取得者が働いていない計算になります。

 

一方、看護職の離職率はどうなっているのでしょうか。
2009年時点の病院における看護職員需給状況調査をみてみると、
離職率は11.9%となっています。

 

毎年、10万人の看護職が辞めているのです。

 

その原因のひとつに過労問題があり、
実際に看護師の過労死も労災認定された事例もあります。

 

「仕事をやめたい理由」として
「人手不足で仕事がきつい」
「賃金が安い」
「思うように休暇がとれない」
となっています。

 

夜勤を減らすのは難しい

 

子育て中のママさんナースにとって
長時間労働や夜勤は子育てに影響してきます。
また、看護師の切迫流産が年々増加しています。

 

看護師の夜勤は母性保護が守られにくい現状があります。

 

それゆえに、
夜勤を理由に看護師が辞めていくケースが
とても多いことがわかります。

 

しかし、実際の現場はどうなっているのでしょうか。
超高齢化社会になって医療依存度が増加してきています。

 

また、認知症や寝たきりなど手間のかかる患者も増えてきています。

 

劣悪な労働環境の改善がもとめられています。

新天地で自分の花を咲かせよう!

この3つに登録していけばほぼカバーできると思います!

ナースではたらこ 看護のお仕事 ナース人材バンク

支援金最大30万円キャンペーン!逆指名制度あり。自分で働きたい医療機関があればココに登録。キャリアアップの支援金制度も充実して1年間毎月2万5000円の支援金がもらえることも。
ナースではたらこ・詳細はこちら

わがままな看護師向け。150件の医療施設に電話してくれた事例もあり。面接のときに子供を預けるために、託児所まで一緒にさがしてくれるかもしれません。とにかく力ずよいサポートが欲しいならばココ。転職支援金も5万円。
看護のお仕事・詳細はこちら

ナース人材バンク

公開求人は6万件を超える。全国14拠点の日本全国を網羅。非公開求人も多い。わがままともいえる要望をぶつけるならココ。残業をなるべくすくなく、子育て中に働きたい、年収600万以上などコンサルタントに相談してみよう。
ナース人材バンク・詳細はこちら