ナース 夜勤 ツライ

大きな病院では多くの病床を抱えています。
そこで求められるのが夜勤ができる看護師です。

 

しかし、過労死とまではいかなくても
辞めたい理由のひとつに過酷な夜勤勤務があります。

 

多くの看護師は日勤を希望しており、
救急病院などよりも高齢者のケア中心の福祉施設などを探して
転職する女性も増えてきました。

 

また、保育園や幼稚園に勤務を希望する人や
大企業の健康管理室に勤務を希望する人なども多くいます。

 

夜勤の勤務は引く手あまたですが、
病棟以外での転職は難しいようです。

 

人材紹介サービスに登録だけしておいて
希望を伝えてじっくりと探してみて
チャンスを待つ姿勢が大切です。

 

せっかく転職してもすぐに辞めてしまう看護師も少なくありません。
転職前に聞いていた条件と違わないためにも
事前に納得いくまでじっくりと時間をかけるとよいでしょう。

 

「こんなはずではなかった」

 

と後悔しないためにも
看護師は自分がどんな環境で働きたいのか、
どんな看護をしたいのか
を紙に書いて整理しておきましょう。

 

まずはインターネットで情報収集することからはじめてみませんか?
7対1看護職員配置への引き上げは大きなチャンスでもあります。

新天地で自分の花を咲かせよう!

この3つに登録していけばほぼカバーできると思います!

ナースではたらこ 看護のお仕事 ナース人材バンク

支援金最大30万円キャンペーン!逆指名制度あり。自分で働きたい医療機関があればココに登録。キャリアアップの支援金制度も充実して1年間毎月2万5000円の支援金がもらえることも。
ナースではたらこ・詳細はこちら

わがままな看護師向け。150件の医療施設に電話してくれた事例もあり。面接のときに子供を預けるために、託児所まで一緒にさがしてくれるかもしれません。とにかく力ずよいサポートが欲しいならばココ。転職支援金も5万円。
看護のお仕事・詳細はこちら

ナース人材バンク

公開求人は6万件を超える。全国14拠点の日本全国を網羅。非公開求人も多い。わがままともいえる要望をぶつけるならココ。残業をなるべくすくなく、子育て中に働きたい、年収600万以上などコンサルタントに相談してみよう。
ナース人材バンク・詳細はこちら