看護師 辞めたい

看護師を辞めたいと思うのはどういうときですか。

 

退職を決意するときには、
やむを得ない利用があります。

 

結婚や出産などの家庭事情や親の介護で故郷に戻る
希望する部署にいけない、
夜勤のない職場に行きたい

 

といった理由だけではありません。

 

いちばん多い看護師の辞めたい理由2013はなんでしょうか。

 

それは人間関係です。

 

すでに学びが終わった人間関係ならば問題ありません。

 

新たな平安をもとめて転職活動を開始!
新たな扉を開きましょう!

 

どうやって新天地を探すのか

 

自分で探す方法と人材紹介・派遣会社を使う方法があります。
ナース人材紹介会社はたくさんあります。
おすすめはダブルワークです。
職場の雰囲気は実際に働いてみたいとなかなかわからなものです。
派遣でもパートでも職場に入ってみてからでも
今の職場をやめるのは決して遅くはありません。

 

会社のホームページをみてみて気に入ったところに登録しておきましょう。

 

全く新しいスタッフでスタートしたい。

 

という看護師に人気なのが新規オープンの病院です。
比較的条件もよい提示があり、
スタッフも全員新しいメンバーなので同期の仲間ができるのです!
人間関係で辞めたいあなたにおすすめです。

 

>>新規オープンの病院に強い【看護のお仕事】はこちら

 

看護師の求人情報の7つの探し方

 

※病院や施設の公式サイトなどでも求人情報が掲載されていることもあります。
また、ここで働きたいという病院やクリニックがあれば、
ご自分で直接問い合わせをしてみるとよいでしょう。

 

求人の探し方 こんな特徴が!
看護師専門の人材紹介会社 無料で登録できる会社がほとんどです。人材紹介会社に登録しておくと

専門コンサルタントが、あなたの希望にそった病院や企業をリストアップしてくれます。
また、夜勤はいや、年収600万円以上、人気の産業看護師だけ探している・・などわがままも聞いてくれます。
病院やクリニックでは聞きづらい質問もコンサルタントが変わりにしてくれます。

 

優秀なコンサルタントに出会えるかどうかで決まります。

150件もの医療機関に電話してくれた事例も!
ただし、全て任せきりにするのではなく、
自分の足で積極的に病院の雰囲気などを確認することが大切なポイントです。
転職支援金が30万円支給されるサイトなど太っ腹が目立ちます。

一般求人情報サイト 今募集している看護師求人情報がリアルタイムでみれるのが特徴です。

人まかせでなく、自分で動く必要があります。
また、面接のアポイントを取るのも自分で行わなければなりません。
いろいろな求人情報サイトがありますが、
求人情報はサイトごとに異なるので時間をかけてサイトを比較してみましょう。

人材派遣会社 看護師として時給制・日給制で働きたいという方向けです。

子育て中の主婦に人気です。
ただし、医療業務での人材派遣は社会福祉施設。
医療機関では育児休業・出産・介護の代替要員、
または紹介予定派遣のみと決められています。

 

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣は、半年後に正社員なる可能性がある派遣です。
派遣社員と派遣先の双方が了解して正社員になれる制度です。
子育て中や育児中の主婦の職場復帰には最適といえる制度ですので活用しましょう。

 

就職合同説明会 看護師の求人情報はさまざまな場所にありますが、

病院の看護部長や採用担当者と直接話しができるのが就職合同説明会です。l
無料で参加できて即効性があります。
病院の見学の予約も当日にできるケースが多数あります。

ナースセンター ホームページからも登録可能です。

全国の都道府県にあります。
看護師を採用したいと考えている病院やクリニックと、
転職先を探している看護師がそれぞれ登録します。
ナースセンターでは看護師就職説明会なども開催されている都道府県もあります。

ハローワーク いちばん利用者が多いのが公共職業安定所(ハローワーク)です。

条件によって異なりますが、失業給付を受けながら転職活動をできます。
(ハローワークで転職活動しなくても失業給付は受けられます。)
求人の検索はできますが、
決まりきった入力枠からの検索になるので
自分の希望通りかどうか
見極めるには情報をもった職員の協力が必要です。

折込広告 地元での看護師求人を求めるならば折込広告も有効です。

地元のクリニックなどが多いですが、
求人数自体は少なくなります。

新天地で自分の花を咲かせよう!

この3つに登録していけばほぼカバーできると思います!

ナースではたらこ 看護のお仕事 ナース人材バンク

支援金最大30万円キャンペーン!逆指名制度あり。自分で働きたい医療機関があればココに登録。キャリアアップの支援金制度も充実して1年間毎月2万5000円の支援金がもらえることも。
ナースではたらこ・詳細はこちら

わがままな看護師向け。150件の医療施設に電話してくれた事例もあり。面接のときに子供を預けるために、託児所まで一緒にさがしてくれるかもしれません。とにかく力ずよいサポートが欲しいならばココ。転職支援金も5万円。
看護のお仕事・詳細はこちら

ナース人材バンク

公開求人は6万件を超える。全国14拠点の日本全国を網羅。非公開求人も多い。わがままともいえる要望をぶつけるならココ。残業をなるべくすくなく、子育て中に働きたい、年収600万以上などコンサルタントに相談してみよう。
ナース人材バンク・詳細はこちら